SEOの基礎

“多くの訪問者が来ることを期待してウェブサイトを作ったのに、なかなかアクセスが増えないということはよくあります。世の中には星の数ほどウェブサイトがあるため、利用者に気づいてもらうにはそれなりのテクニックを駆使しなくてはなりません。サイトを作るだけでなく、アクセスを増やすためのテクニックも合わせて行うことで、効率よく人集めを行いましょう。

アクセスを増やすためのテクニックのことを、SEOと呼びます。これは検索エンジン最適化の頭文字を取ったもので、多くの人が利用する検索エンジンに対応した施策を行うことで、訪問者を増やすという技術です。現在はウェブサイトを訪れるほとんどの人がキーワードで検索してからたどり着いているため、このテクニックは高い効果が期待できます。

まずSEOの基本としては、Googleが公開している指針に従うことです。Googleの検索サービスは世界的にもシェアが高く、日本でも数多くの人は利用しています。その指針に従うことはアルゴリズムから評価されやすくなり、結果一覧ページでも上位に表示されることが期待できます。公開している指針は定期的にバージョンアップされるので、常に新しいものについていくことも重要です。ルールが変わったことに気づかないでいると、ペナルティーをくらって表示順位が下げられてしまうこともあるので気をつけてください。

記事内に仕込まれているキーワードも重要です。利用者が検索しそうな物を想像して文章内に書き込んでいくことで、アクセスされやすいページにすることができます。具体的にはひとつの単語に対して併せて検索されやすいような単語を散りばめていくことです。こうしたSEOで、さまざまなルートからのアクセスが期待できることでしょう。

一方でただキーワードを埋め込んでいくだけでは、集客に失敗することもあるので注意してください。なぜならGoogleは小手先のテクニックよりも、ウェブページの質を重視しているからです。訪れた人にとって読みやすく、疑問をきちんと解決できるコンテンツになっているか、これを常に念頭に置きながら記事を書いていくと良いでしょう。

近年はスマートフォンが普及したことで、モバイル端末からの流入数も劇的に増加しています。表示されるまでの速度が遅かったりデータ量が多いと、モバイルユーザーにとって望ましくない記事であると評価されてしまうかもしれません。スマートフォンを意識した軽量で読みやすいページを作ることも、検索エンジンから評価されるための重要な要素です。”