なぜSEO対策に更新とコンテンツが重要なのか

SEO対策とは、インターネットの検索結果で自分のWEBサイトを上位に表示させることで、より多くの人にアクセスしてもらうための手法ですが、そのためには更新とコンテンツがカギを握ると言われています。では、なぜSEO対策に更新とコンテンツが不可欠なのでしょうか。まず、更新ですが、特に頻度が高いことがカギとなります。実際には、更新頻度は直接的にはSEO対策とはなりません。ですが、更新頻度が高いことで新しい情報を求める読者が集まるようになり、結果としてアクセスが増えることにつながります。次にコンテンツですが、良質な内容のものを提供することがポイントとなります。

実は以前は、インターネットの検索エンジンが未熟であったこともあり、小手先の対策で検索順位を上げることが可能であった時期がありました。質の良くない内容の記載が多かったことでインターネットの価値を下げる可能性があったため、各社が検索エンジンを飛躍的に向上させた結果、良質な内容の記載に、より高い検索順位を付けることが可能になりました。では、どんなコンテンツがSEO対策で効果的なものになっているのでしょうか。一つには、信頼性がある情報からの引用が挙げられます。正確な情報は常に求められていますが、元の情報は正確であっても理解しにくいものであることがあります。そのような場合、引用した情報をより噛み砕いて、誰もが理解しやすい仕方で記載することで、多くの人が見ることで検索結果の上位に表示されるようになるようです。

また、オリジナルの情報を記載することも検索結果を上げる良い方法となります。他のサイトをコピーしただけの内容ではなく、自分の経験や独自の言い回しを用いるなど、そのサイトでしか得られない情報を入れることで検索順位を上げることができるに違いありません。加えて、サイトに掲載した内容に関連した情報を増やすことで、網羅性が増し、より専門的に情報を提供できることで検索の順位を上げることができます。こちらのページでは一つのサイトを例にしてSEOケーススタディーを細かく砕いて案内しています。ぜひ参考にしてください。

このように考えると、更新頻度が高いだけ、良質なコンテンツを載せるだけなど、どちらかの手法に偏ってしまうと、SEO対策としては不十分です。両方の要素を組み合わせて行うことで、検索結果での上位を目指すことができます。検索エンジンの質の向上により、インターネットの検索順位を上げるための簡単な方法はなくなりました。検索結果上位のサイトを目指すには、地道で継続的な努力が必要だと言えるでしょう。