SEOとリスティング広告

SEO対策とリスティング広告は、どちらもサイトのアクセス数をアップさせるための方法ですが、両者には様々な違いがあります。SEO対策というのは「Search Engine Optimization」のことで、日本語にすると「検索エンジン最適化」などと訳されます。これは自分のWEBサイトが検索エンジンに気に入られるようにチューニングを行い、検索ランキングで上位表示されることを目指す活動全般をいいます。一方のリスティング広告は、お金を払って検索結果の上部や下部や脇の方などに広告として自分のホームページなどへのリンクや宣伝文句等を表示してもらうものです。とにかく早くサイトのアクセス数をアップさせたいというのならば、リスティング広告を打つのがおすすめかもしれません。

広告なのでお金さえ出せば、どんどん表示させて大量のアクセス数を稼ぐことも夢ではないでしょう。ではSEO対策はいらないのかと言えばそうではありません。やはりSEO対策もしっかりとやっておくべきものです。リスティングをやり続けるには相当なコストがかかってしまい、これだけでアクセスを得ていると、おそらく赤字になってしまうのではないでしょうか。SEOで検索ランキングを上げて、そこからの流入を増やしていかない限り先はないでしょう。それにリスティングでどれだけ人を集めても、結局は自分のホームページに魅力がなければ、リピーターが増えないのでビジネスを成功させることは難しいです。

近年はコンテンツSEOということが盛んに言われており、サイトのコンテンツを充実させることが大事だとされています。コンテンツを充実させることは立派なSEOであり、これを避けて通ることはできません。リスティング広告は、クリックされにくいという特徴もあります。検索ランキングにおいて表示されるリスティング広告は、インターネットに慣れている人なら誰でも広告だとすぐに見分けがつきます。検索ユーザーは広告はクリックしたがらないという人が多いため、リスティングは自然検索結果よりもクリック率は格段に落ちてしまいます。

このことを考えても、リスティング一辺倒で行くのはあまり得策だとはいえません。SEO対策を地道に行いつつ、リスティングもカンフル剤的なものとして使い分けていくのがおすすめです。SEOは、効果が出るまでにはかなりの時間がかかりますが、一度効果が出始めるとその効果はかなり長く持続します。