gyanburunomeishin.com サイトのSEOケーススタディー

Gyanburunomeishin.comというサイトにおいて、カジノの情報が発信されています。できる限り多くの方に拡散するのであれば、サイトのSEOは大切です。

SEOとは検索エンジンとして一番多くの人に利用されているGoogleを対象に、できる限り上位表示されるようにするためのマーケティングの1つです。

何をすれば良いの?

  • キーワードリサーチ
  • キーワードを含めた文章の製作
  • 内部リンクの構築

https://gyanburunomeishin.comを例にとってサイトのSEOを見ていきましょう。キーワードリサーチからはじまる作業になります。これはいくつかに絞るのが良いとされています。なぜキーワード数を絞り込むのかというと、ばらつきが出てしまうとサイトのテーマが薄れてしまい、結果的にどのキーワードでも上位表示されなくなってしまうからです。例えばギャンブル。別のキーワード(例えばオンラインカジノ)でヒットすることが多い場合ページを別に分けてみると、Googleに専門的なサイトと認識され順位は上昇し易くなります。

キーワードが決まれば、内部対策としてそのキーワードをさり気なく記事のタイトルや文章などに入れることが大切です。特にページタイトルはSEOで最も大切です。この時、検索するユーザーが何を求めているかを十分に理解し、求められている情報に沿った内容にすることが求められます。それからページタイトルに関してはあまり長いとダメなので、30字以下にすることが理想とされています。参考をあげると、gyanburunomeishinの各記事のタイトルはそれも短くシンプルにまとめられているので良いと思います。

次に内部リンクについてです。内部リンクは重要なページに集めることが効果的ではありますが、関連するコンテンツを繋げることがポイントとなります。コンテンツ内に複数の対策したいキーワードがあった場合、別ページと連結した方がより効果的だからです。gyanburunomeishinのサイトではテーマ事にページが分割されており、リンクで簡単に移動出来るようになっています。サイトに訪れた人が本来の目的からは外れてはいるものの、関連する情報がページに詳しく書いてあることが分れば便利なサイトと認識されGoogleの評価も上がることになります。

サイトのSEO

外部サイトにリンクを貼ってもらい、サイトに訪問してもらえるサイトは評価が大変高くなります。以前は故意的にダミーサイトを作ってそのようなことが行われたりもしていました。

特にページタイトルはSEOに気をつけ、検索するユーザーが何を求めているかを十分に理解し、読者が他の誰かに紹介したくなるような良質の記事を書き続けることですね。